まつ毛美人で自身を持つ!

男性にとって、まつ毛の長さはあまり気にしませんが女性は違います。つけまつ毛業界の市場はすさまじく若者などに愛されています。しかし自分のまつ毛を太く長く生やすお薬も登場しています。あなたもつけまつ毛のない生活を迎えましょう!

まつ毛育毛剤ルミガンの効果は?

ルミガンの画像ルミガンとは本来緑内障の治療薬として使用されていた薬剤です。緑内障治療を受けていたところ、患者から「まつ毛が伸びてしまった」という報告が多数あり、研究を続けた結果ルミガンの副作用として育毛作用があることがわかりました。研究を重ねルミガンに育毛作用があることが証明されたことで、現在ではまつ毛育毛剤としての知名度の方が高くなっています。毛が伸びてしまうということは副作用でもありますが、使い道を工夫すれば大きく役立つと考えられます。たとえば美意識の高い女性がまつ毛育毛剤として使用する場合、高いメリットを得ることができます。ルミガンの主成分としてはビマトプロストが使われています。これによりプロスタミドaF2を活性化することができ、それにより毛の育成や増毛といった効果が期待できます。実際にルミガンを使用した78パーセントの方が、18週以内にまつ毛が伸びるといった効果を実感したことが報告されています。この他にも使用を続け、「エクステより伸びた」「つけまつ毛がいらなくなった」など、まつ毛育毛剤としてはかなり評価が高い商品といえるでしょう。ただしルミガンは医薬品ですから、デメリットも多くあります。まず毛が伸びるということ以外にも副作用があるという点です。上まぶたが薄くなってしまい、眼瞼下垂のようになってしまったケースも報告されています。この他にも色素沈着したというトラブルも多くあります。また入手が大変難しく、日本ではドラッグストアで購入することはできません。ルミガンを購入するには病院へ行き処方箋をもらうか、インターネットで個人輸入しているサイトを利用するなどがあります。まつ毛育毛剤として使用するには治療のためではないので保険も適用されず、料金も高いというデメリットがあります。

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤の違い

まつ毛美容液とまつ毛育毛剤の違いについて考える女性つけまつ毛やまつ毛エクステが一般的になった今日では、まつ毛ケアは女性にとって欠かせない美容となっています。お店で施術を受けると高額になってしまいますが、最近では自宅でケアできる手頃な商品も増えてきました。たとえば化粧品メーカーから発売されているまつ毛美容液です。塗るだけで伸ばしたり毛をしっかりさせるといった効果ができる、人気のアイテムですが、インターネットで調べるとこの他にまつ毛の育毛剤があることがわかります。これは一見同じように感じますが、2つには大きな違いがあります。まず育毛剤とは毛を育て、増やすことを目的とした商品です。抜け毛を防ぐ効果も期待できます。これにたいしまつ毛美容液とは、毛を元気にし健康的にする成分をたくさん含んだ商品です。最近では美容液でも毛を育てたり、増やす成分が配合されるようになりました。美容液は育毛剤の上位互換といっても良いくらいです。また料金も美容液の方が低価格で購入することができます。入手もドラッグストアやインターネットで気軽に購入することができますから、今人気がより高いのは育毛剤より美容液といえるでしょう。ただし効果の実感に関していえば、育毛剤の方が高いことがあげられます。それは育毛剤には主に医療薬が使用されているためです。これにたいし美容液は美容成分や天然成分を中心に作られており、即効性はあまりないとされています。育毛剤は薬ですから、使い方を間違えると色素沈着や目の充血などのトラブルが起きてしまう可能性があります。効果が弱いかわりに副作用の心配があまりないのが、まつ毛美容液といえるでしょう。ただし外国製と日本製では成分に大きな違いがありますので、必ずしも副作用の心配がないというわけではないようです。

関連記事一覧

その他メニュー